朱の日記

気ままに。のんびりと。

『海に降る雪』海崎たま

久々の投稿。

いろんな事かあったけど、なかなかここに書き込む気になれなかった。

 

今回は【本の記録】

をしてみようかと。

新しくそいう居場所にしてもいいかなと。

 

というわけで、海崎たま『海に降る雪』

仕事先の派遣の方にオススメされてお借りした。


f:id:akaiclematis:20180622003455j:image

 

帯の「連続幻想掌編集」の文字

なんのことやら?と思いながら本を開いた。

 

読み終えればなるほど納得。

繋がった。と感じた。

 

五感の描写の言葉がキレイだと感じた。

分かりやすく、それでいて創造を膨らませてくれる。

そんな気がした。

これは、とても興味深い。

 

 

以前も、何か詩とかを書いたらどうかと言われたことがある。自分でも書いてみたいと思ってはいた。

しかしなかなか書くのが難しい。

というか、何かを書けばいいのかと考えてしまう。

しかしこの作品を読んで、自分が見たもの美しいと感じたものを、音を味を、五感を言葉にしてみたいと思った。

 

今後、文芸関係のイベントにも参加してみたいと思っている。

いろいろな情報を探してみよう。