朱の日記

気ままに。のんびりと。がらくたをつぶやく。


f:id:akaiclematis:20200204200917j:image

 

見えない壁って

 

自分が作ってるだな。

 

 

 

 

 

久しぶりに気分が良く

ご飯も美味しかった。

 

ちょっと回復期。

 

はい。

女性ホルモンに振り回されて生きている。

 

経過観察中。

 

 

色々と自分で調べるが

確たる事は分からないので

通院継続決意。

 

めんどくさがりがよく続ける。

と、我ながら驚きな決意だった

 

原因を探る


f:id:akaiclematis:20200128234540j:image

 

体調が悪いせいだ。

気分が悪いのも。

頭痛に近い違和感も。

イライラも。

落ち込むことも。

体が不調なのはおかしいことではない。

 

と言われた。

 

自分の不調を言えるようになっていた。

最近の成長?

 

あと、泣けるようになった。

相方の所為だ。

 

全部、原因は相方だ。

 

25歳の年。今後の予定

何をもって記事を分けたのか。

 

しかし、前回の続きということで。

 

(前回の記事はこちら→)

http://akaiclematis.hatenablog.com/entry/2020/01/24/220953

 


f:id:akaiclematis:20200124223348j:image

 

 

職場でも、人に会いたくない

休日は一人でいたい。

 

年が明けてすぐくらいから

そんな日が続いた。

 

幸運か、

以前から決まっていたが

しばらく職場が休館入るため

多くの人が休みに入った

 

わたしも、数日前から有給消化の連休を取った

 

相方に2ヶ月ぶりに会うことができた。

 

相方にも、詳しいことは話せなかったが

自分の中に溜まっていたものを

少しずつ、言葉にした。

 

相方も昨年末に就職先が決まり、

今後の将来設計をする

良い機会だった。

 

ここからまた、

今までよりも距離が離れ

遠距離の交際は続く。

 

今後のために準備もある。

そのため、3年を目処に私はここを辞める

 

現在、私は婦人系の心配事があり

通院している。

彼自身も仕事と

これから長く住み続けることになる

新しい土地への準備も兼ねて

このような結論に至った。


しかし、今は白髪で済んでいるが

体調を崩した時点で相方のもとへ強制送還


相方に話しをすることで少し落ち着いてきた。

だから、はっきりと周囲に

『辞めたい』と言える準備ができた

 

今後、人間関係のいざこざを知っている上司へ

相談する予定。

 

乞うご期待。

 

    

気分は楽になった。

 

周囲へ「大丈夫です」

と言ってても、

全くもって、大丈夫ではない。

自覚してるつもりで

本当に理解するまでに時間のかかる

面倒な性格だとつくづく思う。