朱の日記

気ままに。のんびりと。がらくたをつぶやく。

8月


f:id:akaiclematis:20190811001014j:image

 

私は父方の祖父母を知らない。

祖母は父が中学生くらいに亡くなった。

 

祖父は私の妹が生まれた年に亡くなった。

もう20年ちょっと経つ。

 

生きてたとしたらふたりとも100歳前後。

年齢的には母方の曽祖父と同じ。

 

だから、この時期になるとよく思い出す。

 

祖父は戦争から帰ってきた人だった。

祖母は戦火を生き延びた人だった。

 

しかし、戦争に関して私の家はあまり話をしない。

祖父がどここ部隊にいただとかを知らない。

話そうとしない家庭だった。

 

祖父が戦争から帰ってきたからから

今の私がいる。

じゃあ、逆だったとしたら?
そんな事があり得た時代があったんだ。
私達の知らない時代。

 

しかし、知らないと言って終わらせてはならない。
もう二度と戦争がないように
我々は努力しなければならない。
何もしないということが、罪だと思う。

 

 

そういう事を含めて選挙って大切だと思う。

 

父は何も話さない人だったが、

必ず選挙へは行った。

私達兄妹を連れて、必ず。

 

何かを伝えたくて連れて行ってくれたのかもしれない。

父には聞いたことはないが

母は言った。

「行くことに意味があるのだと」

 

有権者として、少しずつわかってきた気がする。

 

我々は、自らの意志を伝える権利があるのだと。

 

終戦から74年。

私が生まれる50年以上前には、

この日本にも戦争があったのだ。

 

もう二度と同じ過ちを犯さないというなら、

我々は権利を以て

本当の平和を願うしかないのだと思う。

 

モヤモヤとしていたが、

戦争について、

選挙へ行く意味について、

私なりに考えてみた。

 

(一個人の意見です)

 

 

話し合う。

7月末から始めて3連休を取って、彼に会ってきた。


f:id:akaiclematis:20190808002338j:image

 

 

そこからお互いに忙しくなり、連絡が取れない状態が続いて、心のロスがとてもひどかった。

 

今日、久しぶりにゆっくり話ができた。

 

寂しいのだと、

一緒にいたいのだと、

始めて言葉にして伝えた。

 

今まではお互いのやりたいことを優先としてきたが

やはり何処かで嘘をついていた。

 

そういうことを含めて話ができた。

将来のことも。

先のことを考えるってとても大変だ。

でも、今ばかりではなく、後先考えて彼とは付き合うことができるのだと実感した。

 

子供についても。

 

私が、生理不順で悩み、

病院に通っていることは彼に今までも話してきた。

その上で、彼に子供がほしいか聞いてみた。

彼は準備ができたらと答えた。

全てにおいて環境を整えてからだと。

私の身体も含めて。

 

私は怖いと答えた。

今、ホルモンバランスを整えるために月に10日お薬を飲み、毎日基礎体温を取り、自分の身体と向き合っている。

ネットでは色んな情報があって、

今私の状態はもしかしたら子供ができないかもしれない。

だから、とても怖いのだと。

 

とてもデリケートな話だと思う。

けれど、ずっと思っていた不安が溢れて止まらなかった。

しっかりと彼は私の言葉を聞いてくれた。

 

一緒に生きていてくれればそれでいい。

と、彼は言った。

それから、考えよう。と。

 

将来どうなるかわからない。

けれど、彼とそんな話ができたのは

私にとってとても良かったことではないかと思う。

だから、ここに記す。

 

将来のわたしへ向けて。

集団心理

部署内で、誰が嫌だとか言うのが酷くなった。

誰にだって苦手な人とかいるだろう。

私も同期がとても苦手だ。というか嫌だ。
何もできないみたいな

上から目線な態度がとても嫌だ。

 

そういう気持ちは誰にでもあるだろう。

そんなのだめだと否定するのは難しい。

 

しかし、集団で嫌悪感を出したり、

避けたりを繰り返すのがとても気持ち悪い。
女性が多い分、そういう心理?
が生まれやすいのだろうか。
最近、とても居心地が悪い。

 

職場の人達は良い人たちなのだが、

今はとても関わりたくないという気持ちになっている。
お腹痛い…

 

 

ああ…

これだ…

学校に行きたくなかった頃と同じだ。

 

気持ちが悪い。

 

もう、平気な顔はしてられないかもしれない。

この環境に身を沈めると

自己嫌悪で吐いてしまうだろう…

 

そう思っても何もできない。

考えて考えて

動けなくなる。

 

ああ…

お腹痛い…

 

 

デートコース


f:id:akaiclematis:20190525204611j:image

 

初恋の人は10歳年上の学芸員の人だった。

学生の時から学芸員のイロハを学んでいた。

あと、民俗学を教えてくれた。

写真を教えてくれたのもその人。

何かカッコよかった。

それだけ。

 

気持ちも伝えず、

今はインスタで繋がってるだけの関係

 

私の原点と言ってもいいかもしれない。

 

 


そして、彼氏は学芸員ひよっこ

こっちは考古学。

 

惹かれる人はどちらも同じだ。

 

しかし、

博物館・史跡巡り以外のデートが分からない。

 

ショッピング…?

をするような趣味はどちらにもあまりない。

それよりも本屋に何時間も入り浸るのが好き。

 

この間のデートも

博物館と美術館、

あと、古書店

 

美味しいご飯を食べて…

それで終わり。

充分。

 

 

まあ、

お付き合いという形は何でもいいんだろうな。

 

結局そういう感じで

自分の中で完結してしまう。

 

とりあえず、楽しかった。

 

次はどこへ行こうか。

そんな話をしている。

大型連休最終日に


f:id:akaiclematis:20190506194659j:image

 

今年GWは10連休だという話や

改元やらの話で持ちきりの連休中

SNSでは出掛けている知り合いたちの写真が並ぶ

 

そんな中、普通にお仕事をしていた。

サービス業だ。

仕方ないと、思っているし

あんな人混みの中を出歩く気力は持ち合わせていない

 

最終日なんて、ただひたすらに寝てた。

 

一つ有り難いのは

大型連休が無いおかけで、

休みボケは無い。

 

今週末のイベントという楽しみが待っている。

また、明日からボチボチお仕事をしていこう。